だから「森遊び」って、おもしろい!

 「森遊び」には、決まった遊び方はありません。ロープ、ノコギリやシャベルなどの道具を持っていくだけ。森には、子ども達の「やってみたい!」を受け止めてくれるふところの深さがあり、子ども達は遊びの天才だからです。

 最初はぎこちなく様子をうかがう子ももちろんいます。「何して遊べばいいの?」と聞く子も。そんな時、スタッフは「何がしたい?」と聞き、一緒に考えます。
 枝をしっかりにぎったり、ロープにしがみついたり、力をこめて穴を掘ったり・・・森での遊びは無限に広がります。全身を思う存分使いながら、五感をフル活用して遊んでいるうちに、

仲間と協力する楽しさや道具をうまく使えた達成感、アイディアが形になるおもしろさに、夢中になっていきます。

キャンプの魅力:だから「テントに泊まる」って、おもしろい!
キャンプの魅力:だから「焚き火料理」って、おもしろい!
キャンプの魅力:よ~く見て触ってみれば、虫も友達!

①自分の「やってみたい!」に挑戦!

①-1.jpg①-2.JPG
 初めてのノコギリも、使い方を     木の上からなら、たくさんの
コツをつかめば素敵な相棒。      大発見の連続!

②知恵と道具があれば、アイディアがどんどん形になっていく!

③-2.JPG③-3.JPG
 ぎゅっと結ぶってむずかしいけど、   たまには思いもよらぬスリルも!
ゆるんだら何度でも結び直せばいい。  みんなで考えるから楽しい。
③-1.JPG③-4.JPG
 自然と小さい子でも登れる工夫が    大きな材料をどうやって運ぼうか。
生まれたり、最高の秘密基地。     必要は、発明の母!    

③な~んにもしないからこそ感じられる、森のにぎやかさもある

④-1.JPG
 知ってるかい?風の歌声、
木漏れ日のダンス。BGMは、仲間の笑い声。

④どうしても困ったときには、頼もしいスタッフがいる

②-1.JPG
 森の達人の知恵と力を
ちょっぴり分けてもらったら、無敵な仲間だ!

⑤季節によって、いろんな森の姿に出会える!

⑤-1.JPG⑤-2.JPG
 積み上げたり、掘ったり・・・     寒いからこそ、仲間の存在が
雪の森なら、これまた楽しい!     いつもよりあたたかい気がするから不思議。

クリックすると拡大します。